POSレジを導入することで業務改革

POSレジ

最近では多くの飲食店でPOSレジが導入され、飲食店向けに開発された飲食POSレジも多く出回っています。POSレジを導入する一番のメリットは、さまざまな場面で業務の効率化が図れる点です。

例えば、会計時に席番号を選択するだけで会計の金額が算出される機能や、受付時に発行される伝票をバーコードで読み込むだけで、金額が算出される機能が搭載されています。お金の計算やお釣りの用意も全てPOSレジが行ってくれます。支払代金やお釣りを人が確認するとどうしてもミスが発生しますが、そういったミスの防止にもつながります。
当然、クレジットカードや携帯での決済、クーポンや分割にも対応しています。ほとんどの操作が簡略化され少ない手順で済ますことができます。
また、今後は軽減税率の対応が求められます。これから購入される場合は、軽減税率対応のPOSレジがおすすめです。この場合、補助金が適応されるケースがあります。

その他、経営指標となるツールとしても活用することができます。売上や時間のデータが得られるので、売れている・売れていない商品やお客の多い時間・少ない時間が把握できます。そういったデータを蓄積・分析し、短期的だけでなく中長期的な戦略の立案に活かすことができます。

このようにPOSレジはただのレジではありません。活用方法は多岐にわたります。税制度も変わるこのタイミングで、POSレジの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

POSレジを導入することで効率的な経営を目指そう

POSレジとは、商品が売れた時点の売り上げなどを管理する機能が搭載されているレジを指します。金銭のやり取りが全て記録・集計されているので、一日の終わりに集計をする手間がありません。

POSレジを導入することで、いくつかのメリット得られます。
一つは、商品が「いつ」「何個」「いくらで」売れたのかを正確に把握できるということです。
現在では分析機能もついたPOSレジも多く、客の性別や年代、気温や天候などの情報を加えることで、より詳細な分析を行うことができます。
このような情報を分析することで、在庫管理や発注数の予測ができるようになり、無駄な在庫を抱えるリスクを減らします。特に飲食店では売り上げが気候などに左右され分析が難しいため、飲食POSレジがおすすめです。

二つめは、レジ打ちの間違いを減らせる点です。
手打ちは入力ミスがあったり、時間がかかってしまったりします。POSレジであればバーコードを読み取るため、打ち間違いや時間を減らすことに役立ちます。人件費も削減することができ、効率的な経営ができるようになります。

現在、データマーケティングはお店にとって重要な戦略の一つです。POSレジを導入することで、業務の効率化や売り上げアップを目指してみてはどうでしょう。

POSレジで複数店舗のデータを連携!損益管理も迅速対応!

これまで店舗の売上データ、売上原価データ、在庫データそのほか各種経費データを月末に集約し、財務会計システムに取り込んで損益計算を行っていると、飲食店では損益把握が後手に回っていました。さらにデータ連携は取込作業などもあり、店舗が増えるほど手間や時間がかかります。そんな問題を飲食POSレジの導入で解決してみませんか?
POSレジはインターネット回線を利用し、データ連携が自動で行われます。例えば、店舗で登録された情報が本部の管理端末を利用してリアルタイムで把握することができます。さらに売上や売上原価もPOSレジが自動集計するため、売上の連絡が不要になるだけでなく、同じメニューを提供しているものの売上原価が高くなっているなどの問題分析も可能になります。
さらに在庫情報も同一のPOSレジで管理されるため、店舗間の融通も行い易くなります。在庫が余っている店舗から、在庫不足になっている店舗に材料や消耗品を振り向けることで、仕入も抑制でき、店舗運営のコストも削減できます。
またPOSレジは操作自体も簡単であり、経費計上などもタブレット端末から行うことができます。そのため、店舗に経理専門スタッフを配置する必要もなくなり、人件費も見直すことができます。複数店舗の運営を飲食POSレジで見直してみましょう。

トピックス

POSレジで売上分析を行おう!人気のないメニューの提供見直しに!

考える店員

経営する飲食店で人気のあるメニューと人気のないメニューを確実に把握できていますか?注文を受けるスタッフから見て『このメニューは売れている』、厨房スタッフから見て『調理する頻度が多い』というのは感覚的な判断にしかなりません。結果として、売上分析により把握は可能なものの、個々のメニューを分析するのは手間と時間がかかります。そんな売上分析に強いのが飲食POSレジです。飲食POSレジを導入す…

レジ打ち

POSレジで業務の効率化を図れます

飲食POSレジを導入するメリットは、業務の効率化を図ることができます。POSレジはネットワークでつながっているため、お客さんと金銭のやり取りをした会計後、販売情報をリアルタイムで集積され、ネット…

もっと詳しく

商品チェック

飲食POSレジで売上の時間帯分析を行おう!

飲食店において売上の時間帯分析は、メニューの見直しだけでなく、スタッフ配置の適正化、業務効率化の対策を検討する上で必要不可欠です。しかし、現場での経験則から定量化されたデータに基づかず、感覚によ…

もっと詳しく

タブレット端末

POSレジがあれば経営戦略を考えられる

お会計をする時に欠かせないレジですが、POSレジを導入すると大変便利になります。POSレジは、自動的に売買された商品が計算されるため、打ち間違いなどを大幅になくすことができます。また、ネットワー…

もっと詳しく